FC2ブログ

Entries

11・21ひまわり集会、元気に開催 2015/11/21

県内隅々からの運動で再稼働止めよう

浜岡再稼働を許さない「11・21ひまわり集会」が静岡市葵区駿府城公園で、2000人の参加で開催されました。再稼働が県民に提起されるまで、最短1年となったいま、再稼働ストップの運動を元気に住めていこうとの意思統一の場となりました。

20151121-04-2.jpg

集会は、島田市の「だいこんの花」の勇壮な太鼓から始まり、FMいとうでパーソナリティーをしている浦島浩司さんが「戦後70年」など、原発や平和をうたうオリジナルを演奏し、会場を沸かせました。

20151121-01.jpg

まず林克集会実行委員長から、次のように情勢や行動提起を含めた主催者あいさつが行われました。

「川内原発など、全国で原発再稼働が進んでいる。なぜか?安倍内閣が『エネルギー基本計画』の中で、新規制基準による審査が通った原発は地元の同意を経て再稼働させると定式化したから。

この基準、安倍首相は『世界でもっとも厳しい』と言っているが、福島の事故の原因も究明せずにつくった国際標準に達しないもの。福井地裁は『緩すぎる』と言っている。審査が通ったからといって、県民の安全は保証されない。

現在浜岡に関して54回の審査が行われているが、最短で来年9月に審査が終わると見込まれ、ちょうど今頃の時期、市町の同意から翌年の1、2月、知事の同意が問われることとなる。

川勝知事は、鹿児島や愛媛の知事と違い、使用済核燃料の処理のメド、県民の声を聞くと言っている。知事に同意をしないように迫る運動がますます重要だ。

17日に『認めないで署名』を17万筆提出したが、まだまだ足りない。50万にも100万にもしていこう。この1年が、静岡県民の運命を決めるとき。県内各地から運動を強めよう。」

20151121-03.jpg

集会実行委員会として、事前にすべての政党・自治体首長・県議会議員の方々に来賓としての参加を要請してきましたが、その中で島津衆議院議員、もと村衆議院議員、平賀県議会議員が参加され、代表して島津議員が「議員になって最初の質問にまず浜岡原発の再稼働を取り上げ、国を追及した」とご挨拶をいただきました。

20151121-05.jpg

福島から静岡県内に避難されている堀川文夫さんに来賓として挨拶いただきました。堀川さんは3.11のときに浪江町から避難するときの様子を自らの心情を込めてお話しされ、胸を打つお話に会場のみなさんは静かに聞き入っていました。「静岡県で同じことを起こしては行けない」と強調されました。また三上湖西市長のメッセージが「なにがなんでも浜岡の再稼働はわれわれの力で阻止しましょう」と読み上げられました。

20151121-07.jpg

金曜アクション静岡で、浜岡原発建設の当初から運動に関わってきた林弘文静岡大学名誉教授は、静岡県評を中心とした中部電力との交渉史を発刊した報告をしました。

ワンミニッツスピーチでは、浜松、磐田、沼津、三島など県内各地の地域の会の活動や放射能被害やその治療と向き合ってきた聞間保険医協会会長のお話など、バラエティに富んだスピーチの交換となりました。

20151121-09.jpg

20151121-10.jpg

最後に集会宣言が「電気は足りている!足りないのは愛!再稼働反対!」と採択され、元気にパレードに出発しました。

20151121-02.jpg

パレードは、市内の繁華街を「浜岡原発あぶない、東海地震の真上だよ、地震も津波も避けられないのに、原発だけ安全な訳ないじゃん」とコールして行進しましだ。街行く人は写メをとるなど、パレードに大きく注目しました。

20151121-16.jpg

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://neverhamaokanp.blog.fc2.com/tb.php/93-9fb251a7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク2



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪れた人の数

お問合せフォーム

SNS