FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://neverhamaokanp.blog.fc2.com/tb.php/59-03021145

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

シンポ「原発なくし再生可能エネルギーへの転換を」 2014/05/11

母親大会で、三上湖西市長などとシンポ

5月11日、湖西市において静岡県母親大会が開催され、特別シンポジウム「原発なくし再生可能エネルギーを」で林克原発なくす会代表委員がパネリスト兼コーディネーターで参加しました。会場は立見や座り込む人も出るなど、100名以上の参加となりました。まず冒頭に趣旨に賛同して駆けつけてこられた伊豆の国市の小野市長から熱意あふれるご挨拶をいただきシンポをスタートしました。

1母親

まず林代表委員から原発をめぐる情勢を説明し「安倍首相の再稼働発言、エネルギー基本計画、浜岡原発の再稼働申請で違う局面に変化しつつある」「その中で国民世論は原発ゼロが7割、過半数が再稼働反対となっているが、『電葉が心配』という声にもていねいに答えていく必要がある」「再稼働審査は『安全審査』ではけっしてなく、審査する規制基準も『世界最高水準』ではない」「住民の安全は守れないのでは」と問題提起しました。

三上市長からは「今日の静岡新聞にも川勝知事が今のままならば再稼働は認められないと発言していることは重要」「原発が安いという政府の宣伝は嘘で、立命館の大島先生の分析でも火力よりも高いことがかなり知れ渡っているが、使用済み核燃料の保管・処分費や保険料を含めると太陽光発電を上回るものになる」ユーモアを交えながら自ら作ったチラシをもとに報告しました。

服部しずおか未来エネルギー社長からは「固定価格買取制がスタートしてから全国的に再生可能エネルギーが飛躍的に増えている」「静岡県は日照時間が全国一で風もあり、水もある好適地。特に浜名湖のあたりは太陽光銀座と言われるほど状況」「一方電気の逆流問題で追徴金をとられることがある」と問題はあるものの順調に再生可能エネルギーが増えてきている状況をお話しされました。

3母親

二順目として林代表委員が、昨年秋に行った原発ゼロを決めたドイツ・フライブルクについて「省エネ、エネルギー効率化、再生可能エネルギーの発電は並行して行う必要がある」「それらの施策が地域にお金を落とすかたちで展開されている」「食料などと同時にエネルギーが地産地消。ローカル経済に降りてきていて自治体の役割が大きい」と報告しました。

三上市長は「私は市長選で浜岡の問題は姿勢にもかかわる問題と言い、相手候補は原発は国政で判断すべきと訴えて勝利した。函館などでも自治体が大間原発の差し止め提訴をしている」「脱原発首長会議の輪が広がっている」と脱原発の自治体の役割を訴えました。

服部さんは、静岡市において市と共同して市民出資型の太陽光発電を実施した経験を報告し「大企業のメガソーラーでも固定資産税や賃料は落ちるが、利益は吸い上げられてしまう。市民自らが小口でお金を出し合い、地産地消を進めていこう」市民が自らエネルギーをつくる重要性を弁舌さわやかに述べました。

最後にそれぞれ「ここで聞いたことに満足して家で寝ていては再稼働を止められない」「自らエネルギーをつくれ出す気概が大事」「原発ゼロ、自然を資源とした循環型社会は可能」とそれざれしめくくり、熱気あふれるシンポとなりました。

2母親
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://neverhamaokanp.blog.fc2.com/tb.php/59-03021145

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク2



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪れた人の数

お問合せフォーム

SNS






 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。