FC2ブログ

Entries

中部電力の再稼働申請に抗議

「県民の願いに反する」「県民の命を切り捨てるのか」

中部電力は、2月14日に原子力規制委員会に浜岡原発4号機の「規制基準適合審査申請」を実施しました。これは再稼働申請そのものであり、県民の「再稼働させないでほしい」の声を大きく裏切るものです。原発なくす会では「浜岡原発4号機の再稼働申請に抗議する」抗議文を中電に手渡しました。

抗議1

まず原発なくす会は記者会見をして、林代表委員から「中電や県はは今回の申請を安全申請であるといっているが、再稼働申請そのものだ」「審査のもとになる新規制基準は福島第一原発事故の知見によってつくられておらず、避難計画を位置付けてないなど住民の命と安全を守るものとなっていない」「それに基づく申請は撤回すべきだ」と強調しました。

抗議2

つづいて静岡駅前地下道で宣伝を行い「本日、中部電力は世界一危険な浜岡原発の再稼働申請をしました」「私たちと一緒に抗議の声を上げましょう」と声を上げると、多くの人たちが注目し、渡したチラシを熱心に読んでしました。ギターで再稼働反対アクションでおなじみの「爆ぜるポンポコリン」を歌うと、歌声が地下道に響きました。

抗議3

中部電力では林代表委員から中庭良隆総務グループ課長に対して「新規制基準に位置付けられてすらなく県民にとって安全を守るものとなってはいない。住民のいのちを守られない」「私たちは、今回の中電の再稼動申請に強く抗議し、あくまで撤回を要求する」と強く抗議しました。

1時から実施された反・脱原発交流会にも原発なくす会として参加しました。

以下、抗議文

浜岡原発4号機の再稼働申請に抗議する

中部電力は原子力規制委員会に浜岡原発4号機の「規制基準適合審査申請」を2月14日に実施した。この申請について、私たちは再稼動申請そのものだと考る。今現在も福島原発事故の原因すら特定できず、大量の放射能汚染水の海への流出・放射能汚染の拡大が続いる。このような状況下で、過酷事故を起こした福島原発と同型の原子炉を持つ浜岡原発の再稼働申請は到底認められない。これに対し撤回を求めるものである。
そもそも浜岡原発は政府がその危険性を認め中電への要請で停止した全国唯一の原発であり、世論調査などを見ても県民の浜岡原発は再稼働させないでほしいという願いは歴然としている。
再稼動申請について中部電力は「安全審査」といっているが、その審査の基になる新規制基準は住民の安全を保障するものとなっていない。この基準は福島の事故の検証にもとづかないものであり、申請を通して再稼働させることを前提につくられたものである。
また新規制基準は放射性物質を外に出すことを前提にしており、たとえばフィルターベントの設置でどの程度の放射性物質が放出されるのかも明らかになっておらず、大量に放出された場合に住民を安全に避難させることもこの基準の中に含まれていいない。過酷事故において31km圏内の全住民の避難に6日間かかるという試算も出されており、県、市町の安全地域への住民避難計画も実効あるものとなっていない状態である。多重防護の最後の手段である避難計画がなく、それが新規制基準に位置付けられてすらなく県民にとって安全を守るものとなってはいない。住民のいのちを守られないならば、それへの申請は撤回するべきである。
今回の浜岡原発の再稼働申請は、「再稼働させないでほしい」「原発はいらない」、そして安全な再生可能エネルギーへの転換を求める県民・国民世論を無視するものである。
私たちは、今回の中電の再稼動申請に強く抗議し、あくまで撤回を要求する

2014年2月14日
浜岡原発廃炉・日本から原発をなくす静岡県連絡会
代表 林 克

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://neverhamaokanp.blog.fc2.com/tb.php/44-fdfc6e92

トラックバック

コメント

[C1] 共に頑張りましょう!

始めてホームページを見させてもらいました。写真入りで分かりやすく、良いホ-ムページだと思います。16日の会合で、全県交流会のホームページ立ち上げを見送ったので、このようなホームページが情報の共有・発信に役立つと思います。
 浜岡を再稼働させない・永久停止・廃炉、この一点で硬く(気持ちの上で)、緩やかに(運動体として)つながっていきましょう

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク2



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪れた人の数

お問合せフォーム

SNS