Latest Entries

大運動で知事交渉 2017/02/02

なくす会「再稼働同意しない客観的な基準を」
知事  「再稼働できる状況にない」


原発なくす会静岡も参加する大運動静岡実行委員会が、11月の部局交渉を受けて重点事項についての知事交渉が行われました。実行委員会として「浜岡原発の再稼働について、これまで明言してきたような『使用済核燃料の処理のめどが立たなければ同意しない』といった県民にわかりやすい条件を提示してください。その条件の中に原発災害の場合の安全な避難計画の検証(県や市町が策定)を付け加えそれがなければ再稼働に同意しないでください」という申し入れ項目で実施されました。

IMG_7196.jpg

「米山新潟県知事の三つの検証を参考にしてほしい」
林原発なくす会静岡の代表委員は、「知事は浜岡原発について『再稼動できる状況にない』と言っている。しかし県民は、もっと踏み込んで自ら『同意しない。再稼働しない』と言うのを待っている。しかし(再稼働の同意については)客観的な基準が必要だと考える。その点米山新潟県知事は、三つの検証(福島第一原発事故の原因、放射能の人体に対する影響、避難可能な避難計画)を条件として再稼働の問題を論じている。それは参考になるのではないか」「特に避難計画は、県民が注視している問題で、私たちは国の指針のもとでの避難計画を検証していただきたいと考える」と要請しました、

知事交渉2


知事「再稼働できる状況にない」

知事は、「泉田さんは東電とチャンバラしていたので情報をもらえない、私は中電から情報をもらっている。(泉田前知事はおろか、私たちが要請していないにもかかわらず)永久停止、廃炉といっても安全ではない」「中電は情報をくれなくなるし、作業員はやる気をなくす」と言い、中電との関係の重要性を強調しました。また「使用済み核燃料が9000体存在し、1万体のキャパのプールでは稼働して13カ月で満杯になってしまうので「再稼働できる状況にない」とこれまでの持論を繰り返し、私たちの客観的な指標を示してほしいという要請についてまともに答えませんでした。

なくす会「避難計画と原発再稼働、いっしょに考えてほしい」
林代表委員が「(同意にあたって)避難計画についても、原発再稼働といっしょに考えてほしい」と要請すると、知事は「6年前に換算が要請して止めたので中電に決定権がある。そんな一般論を言ってしまうと中電との信頼関係を大事にしたい」と述べ、再稼働の条件を言うと中電との信頼関係が崩れてしまうともとれる発言をしました。避難計画は再稼働とは切り離せともとれる発言で、これらは今後真意を確かめていく必要があります。

知事交渉3

ひまわり集会の集会アピール、知事へ 2016/12/13

「知事は『再稼働に同意しない』と明言を」

11・20ひまわり集会で採択された集会アピールを、12月13日に知事あてに提出し、世界一危険な浜岡原発を再稼動しないように要請しました。ひまわり集会は、11月20日に浜岡原発再稼働に反対し、再生可能エネルギーを広げることを目的に開催され、約3000人の人たちが県内外から集まりました。その集会で採択された「集会アピール」を知事提出したもの。

集会宣言1

集会アピールは「これまで言われた巨大なプレート型の地震の揺れだけでなく、熊本地震のような活断層型の激しい揺れに見舞われる可能性が出てきました」「もし浜岡原発で事故があれば、原発から50キロ圏内に214万人が住むこの地域の影響は、福島の比ではありません。そして何よりもこの地に住む多くの人々の人生を狂わせます。被ばくを前提とした避難計画では安全な避難はできません」「人々の生きる権利を奪う浜岡原発は、ぜったいに再稼働を許してはなりません」としたもの。

集会宣言2

原子力安全対策課長とのやりとりでは、12日の県議会の知事の発言について、なくす会から「知事は次期知事選で浜岡原発が争点になると言っているが、具体的に何が争点なのかを明らかにしてほしい」と要請し、課長もその趣旨は分かると述べました。また「浜岡再稼動はない」という知事答弁についてその後の記者のインタビューで、「知事は、『中電が決めることで、私は再稼動はないだろうと判断している』と答弁したが、第三者的ではなく自分が同意しないと明言してほしいと知事にお伝えください」と申し入れました。

集会宣言3

実行委員会は、避難計画のもととなる国の原子力災害対策指針について、「指針に示された避難の数値はあるケースを切り取ったもの、他のケースには全く対応していない」「避難開始の500マイクロシーベルトというのはあまりにも高い数値」「原発立地県は、人口など自然社会条件があまりに違いすぎるのに、国が数値的に一律管理するのはおかしい、県がもっと前へ出るよう国に抜本改正を働きかけるべきだ」と述べ、避難計画については専門的な事柄になるので他団体とも共同で改めて申し入れしたいと述べました。
集会宣言4r

Appendix

検索フォーム

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

リンク2



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪れた人の数

お問合せフォーム

SNS