FC2ブログ

Latest Entries

浜岡原発の再稼働反対でひまわり集会に1000人 2018/11/18

「安全を望む住民や自治体の声が再稼働に反映する仕組みを」

11月18日、浜岡原発の再稼働を許さない「11・18ひまわり集会」が開催され、静岡市葵区駿府城公園に約1000人が集まりました。オープニングには、会津里花さんが震災のとき福島で歌った「私の子どもたちに」や「戦争をしない国」を熱唱、その最後に金曜アクション静岡のメンバーも含め「原発なくたって」を歌いました。

会津里花さんとアクション

一つでも反対したら再稼働しない仕組みを集会はまず、林克実行委員長が主催者あいさつを行いました。「22万人の署名で川勝知事は4年間は再稼働しないと言明したが、その先を見る必要がある。新潟や茨城では安全を望む住民や自治体の声が再稼働に反映する仕組みが模索され、今茨城では正念場だ」「浜岡は、お年寄りや入院患者が避難できなければ、ぜったいに再稼働させてはいけない」と訴え、「電気は足りてる。足りないのは愛だ。浜岡原発再稼働反対!」でしめました。

2018主催者あいさつ

浜岡こそ再稼働させてはいけない

今焦点になっている茨城県東海第二原発の地元、東海村の村上前村長がメインゲストとして登壇し、再稼働にかかわる新たな協定の経緯を話しました。「東海第二原発はUPZ圏(避難計画を必ずつくらなければならな区域)の人口は約100万人、住民バスで避難するには3000台、病院や社会福祉施設の方々が避難するには福祉車両1000台が必要だ」と東海第二原発の住民への影響の大きさを述べ、「立地自治体だけで再稼働は出来ないと協議会を呼びかけて新安全協定にいたった」「地震の震源域の上にある浜岡こそ、福島よりも多くの人が避難しなければならない」と再稼働に際して立地自治体と周辺自治体の協力が必要性を訴えました。

村上前東海村村長

第1回ひまわり集会に参加してスピーチした三上前湖西市長は、「私は全国で脱原発首長会議を呼びかけた。原発なくすまで私は死ねない」と述べました。

三上前湖西市長

反原発美術館館長の早川映画監督は「反原発の運動も文化的に迫ることは大事と反原発美術館の館長を引き開けた。ひまわり集会でも名称やペーパーフラワーなど工夫をしている」と連帯のあいさつ連帯のあいさつをしました。

PB182070.jpg

PB182085.jpg

原発ゼロへの「野党は共闘」の構図を示す

政党からは自由党の日吉雄太衆院議員、共産党の島津幸弘前衆院議員、立憲民主党の松井ゆうすけ県議候補がそれぞれあいさつし、最後に手を組んで原発ゼロへの「野党は共闘」の構図を示しました。

PB182133.jpg

その後、中部電力浜岡原子力発電所差止訴訟弁護団の青柳恵仁弁護士、浜岡原発はいらない島田の会の桜井和好さん、福島にとり残された動物の保護活動を行う 井上めぐみさん、浜松の金曜アクション、さよなら原発の夕べの永桶 憲一さんが次々登壇してスピーチしました。

PB182137.jpg

PB182143.jpg

PB182153.jpg

PB182157.jpg

反原発美術館、大賑わい

場内には経産省前に4年にわたって設置された脱原発経産省前テントが、反原発美術館として設置され、若手作家の反原発アートだけでなく、名古屋から福島に訪れて動物を中心とした写真を撮っている井上めぐみさんの 「 福島の涙はわたしたちの涙~あれから 7年~」、地元でひまわり集会のチラシも作成したTOSHIKO NABETAの 「 花と少女たち」が展示され、多くの見学者が訪れました。

PB181859.jpg

PB184363.jpg

「子どもを守ろう、ふるさと守ろう、再稼働反対」

集会は、「私たちは周辺自治体が参加し、一つでも反対を表明したら再稼働できない新安全協定をはじめとした制度の確立を求め、その実現ために地域から運動しよう」とした集会アピールを採択しパレードに移りました。静岡市の繁華街を「子どもを守ろう、ふるさと守ろう、再稼働反対」と行進し、市民の注目を集めました。

PB182223_2018111916581246a.jpg

PB184390.jpg

『原発事故 新規制基準と住民避難を考える』

再稼働ストップ、各地で相次ぐ避難計画重視

福島第一原発事故の住民避難は混乱を極めました。政府の対策の遅れに加え、避難を誘導すべき自治体の手順が、EPZ以外は全くと言っていいほど備わっていませんでした。

38483637_2055455291155376_6714411889545183232_o.jpg

今、政府の方針で再稼働が進む中、避難計画が実効あるものかどうかを再稼働の地元同意の判断にするところも出てきています。例えば新潟では前県知事が避難計画を含む3つの検証委員会をつくり、規制委員会の審査の結果が出たにもかかわらず再稼働できないでいます。茨城の東海第二原発周辺自治体の新安全協定では、自治体は避難計画の実効性によって事前了解をするかどうかの判断を行うとしています。

38470055_2055455204488718_3842262074960904192_o.jpg

こうして避難計画が注目される中、これまでこの分野を扱う書籍はありませんでした。今回、京都自治体問題研究所から出版された『原発事故 新規制基準と住民避難を考える』は、そもそも原発災害による避難の国際基準、それが日本にどう適用されたか、日本における法体系などそもそも論から説き起こしています。

38470069_2055461201154785_4908265115217821696_o.jpg

地域で運動している皆さん、そもそもの原発事故の避難計画を体系的に学ぶにはうってつけの本です。
定価1200円。原発なくす会静岡で扱っています。ちなみに第8章は静岡県地方自治研究所事務局長が執筆しています。

38490286_2055454891155416_6809426036535590912_o.jpg

Appendix

検索フォーム

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク2



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪れた人の数

お問合せフォーム

SNS