Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜岡停止6周年行動で、中電と県に要請 2017/05/18

「中電は危険性についてもっと説明を」
「県は要援護者施設の避難に責任を」


原発なくす会と金曜アクション静岡は、5月14日に静岡市内で実施されたアクションに続いて、中部電力と静岡県に対して浜岡原発の再稼働をしないことなど、県民の要求携えて要請を実施しました。

FullSizeRender_20170519213558a01.jpg

「中電は浜岡原発の再稼働するな」

中部電力では、「6年が経っても電気は余っている。世界一危険な浜岡原発は再稼働させないでほしい」と要請書を読み上げ、原発なくす会静岡の林代表委員が中電の加藤総務グループ課長に要請書を手渡しました。この後、原発なくす会の7名の代表者は支社内の会議室で要請を実施しました。

林代表委員は「昨年規制委員会で敷地の西隣のA17が活断層と認定され、3月末にはH断層の調査に規制委員会が入っている。県民は、これまでのプレート型地震だけでなく活断層にも怯えなければならないのかとたいへん不安だ。きちんと県民にその危険性を説明してほしい」と質したのに対し、中電は「現在審査中でその審査を注視しているが、時期が来たら今広報をしているやり方で県民に説明することになる」と答えました。林代表委員は「現在の宣伝のようなプロパガンダでは困る。中電は県民に対する説明責任が足りないのではないか」と中電の姿勢を正しました。

小断層

すべての断層の審査を

A17についても、「活動性はないものと判断している」と中電が述べるのに対して、「それは中電の判断で、規制委員会は上載地層がないので少なくとも15.6キロは『震源となりうる活断層』と認めたのではないか。中電のHPを見てもその活断層の認定がよくわからない」と指摘しました。またA17と並行して中電の敷地内を通る褶曲構造における比木向斜にともなう断層が規制委員会審査の俎上に上っていないのはおかしい。先日の浜岡弁護団との調査で、敷地の北側に逆断層の露頭を確認し、それは中電の資料で4号機地下を走る『小断層』と記載されるものの延長ではないか」「『小断層』という記述はおかしく、審査の対象とすべき」と要請しました。それに対して中電は「地質の専門家がいないので答えようがない」と逃げたのに対して「責任者に伝えてほしい」と要請しました。

名称未設定 1

褶曲構造

常識と違う中電の説明

つづいて林静大名誉教授からは「現在の安全対策の状況を説明してほしい。中間貯蔵施設はいつ完成するのか?」とし質したのに対し、「平成30年の予定だったが今大幅に遅れている」と答えました。「また緊急対策所は、ほぼ完成した。免震ではなく耐震である。免震棟のデータは少なく、耐震棟に切り替えた。免震と耐震も一長一短がある」と述べました。なくす会は「免震でないと安心できないのではないか。一長一短あるということは常識とは違う、どういうことか説明してほしい」と反論しましたが、「これは第二コントロール所ではない、ただ制御室の計器に目盛りが読めるだけ。第二コントロール室は5年後の話」と中電は免震・耐震については説明しませんでした。また浜岡などの沸騰水型は加圧水型より危険であると言うことに対して構造的に問題があるというこちらの指摘に対して、電力の足りていない西日本から再稼働させるという常識外れの回答をしました。

原発の費用は高い

最後に「原発は安くないことがはっきりしてきた。託送料で新電力も含めて事故費用、使用済み核燃料の処理費用を消費者に転嫁しようとしている。中電は浜岡の再稼働を止め廃炉を決めて廃炉ビジネスの先頭に立ってもうけるべきだ」と要請しました。中電は「高い」ということに反論しませんでした。

P5184582.jpg

県民の声を聞いてほしい

つづいて県に対して、避難計画問題を中心に要請しました。この要請は静岡県保険医協会と共同して行われ、理事長の聞間医師が参加しました。 なくす会から「浜岡において避難計画の策定は必要と考える。しかしこれまでも県と積み重ねてきたように、国の原子力災害対策指針では住民の命を守ることはできない。是非県民の声を聞いてその見直しの声を上げてほしい」として次の点について要請しました。

P5184594.jpg

① UPZで避難開始する線量が500マイクロシーベルトはあまりに高すぎる
② まずPAZが避難し、UPZは屋内退避のの地避難すると言うことは現実には合わない。
③ スピーディーの活用を削除はおかしい
④ PPA(原発から50キロ圏内、静岡、浜松の中心部が入る)の対策を削除はおかしい

P5184638.jpg

など国の指針を抜本的に変える要望を国にあげることを県に要請しました。望月原子力安全対策課長は「PAZの避難ののちUPZが避難を開始するのは合理的だ」と答弁したことに対し、参加者は「地元新聞ですら『机上の空論』という論説を載せた。それが県民の実感ではないか」「福島の例を見ても一斉に避難を開始することは当たり前だ」「環境政策研究所の上村氏のシミュレーションにおいても一斉に逃げた方が時間が早いという結果がある」と指摘したのにたいして、課長はもう一度資料を当たってみたいと述べました。
スピーディーの利用についても、国に意見をあげていることが表明されました。参加者からは「今、意見が違う部分があるが県民の声を私たちはできるだけ県に伝え、国に対して抜本的な改正を求めていきたい。是非話し合いを継続してほしい」と要請しました。

P5184675.jpg

UPZヨウ素剤事前配布の交付金について意見をあげている

要援護者施設については「福島でも特に困難を生じた病院や介護施設などについて、施設が避難計画の立てるのはおかしい。国や県が責任を持つべきだ」「県は技術的に支援すべき」と要請しました。また保険医協会の聞間医師から、「自宅にいる要援護者の対策はどうなっているのか」と質したのに対して、県は「これまで市町は(地震・津波)の避難を実施してきた。それに瞬時手行いたい」と答えた他のに対して、「災害対策基本法上の要援護者ではあるが、原子力災害と地震・津波は事情が違う。県が考えを示してほしい」と要請しました。

ヨウ素剤について参加者から「UPZについても事前配布とすべきで、その理由でヨウ素剤購入の交付金を確保するよう国に声を上げるべき」という要請についてはも県は「知事会を通して、交付金について意見をあげている」と回答しました。

最後に、「福島原発事故の教訓は住民が信頼できない制度は、結局ルールが守られないということ。国の指針に基づく避難計画はまさにそれにあたるのではないか。住民の思いに寄り添う避難計画とすべき」と述べ要請を締めくくりました。

P5184700.jpg

お祝い!浜岡原発停止6周年アクション 2017/05/14

「世界一危険な浜岡原発は、再稼働させずに廃炉に」

浜岡原発が停止して6年目の5月14日静岡市葵区青葉公園において、「お祝い!浜岡原発停止6周年アクション」として街行く市民に向けての宣伝行動やスタンディングが実施されました。これは原発なくす会静岡や金曜アクション静岡が、フェイスブックやツイッターで呼びかけたもの。

P5144414.jpg

原発なくす会静岡の林代表委員が「今日は何の日かご存じですか?6年前の今日、政府の要請によって中電は浜岡原発を停止させました。それから6年、浜岡原発は1キロワットの電気も生み出していません」「浜岡原発は世界一危険と言われますが、それはやがて必ず来る東海地震の震源域の真上にたっている原発で、世界中探してもこんな危険なところにたっている原発はありません」と訴えました。

P5144437-2.jpg

「この6年間、停電はあったでしょう?電気は足りなかったでしょうか?いえ電気は十分足りています。では危険な原発を動かす必要があるのでしょうか?ありません」

P5144388.jpg

「安倍首相は、『原発を動かさなければ石油を輸入するために1日200億円も海外に流出して日本経済がだめになる』と言いました。この5年間、日本の国際収支はずっと黒字です。」「電気は足りているし、経済もだめになっていない。これで原発を動かす必要があるのでしょうか、ありません」と道行く人に訴えました。

P5144377.jpg

参加者は代わる代わるこの6年を祝い、浜岡原発の再稼働反対を訴えました。

P5144408.jpg

P5144417.jpg

P5144421.jpg

Appendix

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク2



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪れた人の数

お問合せフォーム

SNS






 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。