Latest Entries

3.11福島を忘れないメモリアルデー 2017/03/11

「福島に寄り添い、運動すすめよう」

毎年、原発なくす会静岡と金世アクション静岡で実行委員会をつくり開催している「3.11福島を忘れないメモリアルデー」が、静岡市葵区常磐公園で開催され、静岡市内外から約250名の人たちが参加し「福島に寄り添い運動すすめよう」と決意を固めました。

全景2

実行委員長の林原発なくす会代表委員会から「福島ではいまだ8万人以上の人たちが避難を強いられているが、政府はこの4月から20ミリシーベルトという高い線量を基準として避難解除を行い、自主避難者の住宅補助を廃止して2020年に向けて福島事故を消し去ろうとしつつある。」「一方浜岡原発は、危険な南海トラフ地震の震源域の真上にあるだけでなく、直近に活断層も見つかり、文字通り世界一危険な原発だ」「福島に寄り添い、浜岡原発の再稼働ストップで安全な静岡県をつくろう」と開会あいさつをしました。

主催者あいさつ

続いて福島支援餅つきが行われ、「支援!」「支援!」の掛け声とともにたちまち餅がつき上がり、カンパ含めてさまざまなトッピングで参加者にふるまわれました。その他トン汁、おでん、焼き鳥の屋台やフリマも出店して集会を盛り上げました。

餅つき子ども
フリマ

ステージでは金曜アクション静岡や浜松、に参加するミュージシャンの演奏が反原発や運動を励ます歌を演奏し、会場を沸かせました。

亮くん
浜松グループ
順ちゃん

つづいて福島や浜岡原発についてトークセッションが行われ、司会の林実行委員長が、スピーカーには、金曜アクション浜松、金曜アクション静岡、静大名誉教授、森大介共産党県委員会書記長、日吉雄太自由党県連代表、福島からの避難者の長谷川さん、女性が参加しました。司会から、「福島の現状をどう考えるか?」「浜岡原発の危険をどう考えるか?」「今後私たちは何をすべきか?」をそれぞれのスピーカーに問いました。「政府が福島原発事故をなきものにしようとしているのはおかしい」「デブリを取り出せないようでは、全く事故は収束していない」「福島で起きていることを静岡で繰り返してはならない」などの意見が出され、静岡において地震と原発の危険性が指摘されました。そして福島に寄り添し、浜岡再稼働反対の世論を広げていこうと結びました。

トークセッション
トークセッション3
トークセッション2
ライカムくん

つづいて福島からの避難者長谷川克己さんから、「今年も節目が来たかと感じられる」「国はオリンピックの2020年までに避難者ゼロにするという、それは統計上の話」「親にとってわが子ほど大切なものはない。避難者が故郷を離れたのは子供のためだ」とスピーチし会場は共感の拍手が起こりました。

長谷川さんスピーチ

震災が起きた2時46分には、参加者全員で黙とうを行い、改めて東日本大震災の犠牲者の冥福を祈りました。

黙とう
黙とう2

最後に「浜岡原発を見るならば、決して他人事ではない」「福島に心寄せ、安心な静岡をつくろう」と訴えた集会アピールが採択されました。集会ではカンパと同時に出店の売り上げを、甲状腺がん子ども基金に約8万円カンパしました。

コッシー
子ども被ばく基金

参加者は、シトロン稲葉の「原発なくたって」に合わせてパレードし、耳に残るメロディー・歌詞に市民の注目を集めました。

311パレード3
パレード

3・11アクションで県、中電に要請 2017/03/10

「浜岡原発の再稼働は許さない」

3.11にちなんで3月10日、浜岡原発の再稼働は許さない静岡県ネットワーク(原発なくす会静岡など49団体が参加)は、浜岡原発を再稼働させないよう静岡県、中部電力に要請を行いました。要請には参加団体含め62団体が名を連ね、約100名の人たちが行動に参加しました。

記者会見

まず県政記者クラブで記者会見を行い、浜岡原発を再稼働させず知事選を前に争点化されるよう行動を設定した意義と当日の日程を説明しました。また福島からの避難者である堀川文夫さん、長谷川克己さんがそれぞれ6年の思いを訴えました。堀川さんは「原発事故は地域で築いてきた信用を一瞬で消してしまった」「安心して孫を迎えられない場所に住めない」と説明した。長谷川さんは「自主避難者の住宅補償打ち切りを納得していない。原発事故は国策で被害を与えた当事者が被害者に支援するというのはおかしい。きっちり謝罪をすべき」と訴えました。

安全対策r

県原子力安全対策課では、県が企画する原子力県民講座について、原発容認・推進の立場に立ち講師に傾いていることを是正し、バランスのとれた講師選定をしてほしいと要請しました。

知事公室r

知事公室では知事選にあたり、世界一危険な浜岡原発を再稼働しないよう知事に申し入れるとともに知事選において再稼働の是非を争点化する申し入れを行いました。

パレード

県庁前から静岡の繁華街をパレードし、金曜アクション静岡のコールで市民に福島に寄り添い、浜岡原発の再稼働反対を訴えました。パレードは中電まで行進し、静岡支社加藤総務グループ課長に要請書を手渡しました。参加者から「原発をやめ、再エネで優良企業になってほしい」「廃炉事業で全国をリードしてほしい」との声が出て行動を終了しました。

中電
長谷川r

Appendix

検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク2



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪れた人の数

お問合せフォーム

SNS