Latest Entries

浜岡原発の再稼働を許さない11・19ひまわり集会 2017/11/19

1500人、「浜岡原発の再稼働を許さない」の声あげる

11月19日、「浜岡原発の再稼働を許さない!!増やそう再生可能エネルギー」のスローガンのもと、「浜岡原発の再稼働を許さない11・19ひまわり集会in静岡」が、静岡市葵区・駿府城公園で開催され、県内外から1500人が参加しました。

会場参加者2

たのしいアトラクションで「原発いらない」をアピール

集会に先立っておこなわれたアトラクションでは、軽快なギター演奏や再稼働反対アクション@静岡メンバー有志による寸劇が披露され、会場の参加者をおおいに沸かせました。ゲストで脱原発・再エネ推進のゆるキャラ、ゼロノミクマも楽器を演奏し人気を集めました。また、県東部で活動するNPO法人太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)の協力により、集会にかかる電気のすべてを太陽光発電でまかなうなど、再生可能エネルギーの推進を内外にアピールしました。

アクション寸劇
PVネット

「再稼働反対の声をあげ、今後の運動につなげよう」

集会のはじめに林克実行委員長が主催者あいさつ。今年6月、川勝知事が3選後の記者会見で「任期中は浜岡原発の再稼働に同意しない」と明言したことを受け、「『認めないで署名』はじめ運動の成果だ。しかし、これは4年間の期間限定であり、その後の睨んだ運動が引き続き必要だ」と、皆と運動の前進を喜びあうとともに、再稼働阻止に向けなおいっそうの運動の必要性を強調しました。また、「入院患者やお年寄りをはじめ、すべての人が安全に避難できる避難計画は不可欠だ」と述べ、実効ある避難計画の策定をうったえました。

実行委員長挨拶

また浜岡敷地内および周辺の活断層の存在が再稼働の焦点となるなかで、地元の地質学者である塩坂邦雄氏によって、敷地内を南北に貫く活断層の可能性が指摘されていると報告。「原子力規制委員会に対し、すべての断層を徹底的に調査するよう、県内外から声をあげていこう」と県民世論の喚起を呼びかけ。「この集会でおおいに交流しあい、浜岡原発の再稼働反対の声をあげるとともに、明日からの運動につなげていこう」とうったえました。

多彩なゲストから連帯のスピーチ

つづいて、県内外から集会に駆けつけてくれたゲストより、それぞれ連帯のあいさつがありました。

はじめに福井県・明通寺の中嶌(なかじま)哲演(てつえん)住職(福井から原発を止める裁判の会代表)からあいさつがありました。中嶌住職は、この間取り組んできた関西電力・大飯、高浜原発の運転差し止め訴訟や住民運動について報告するとともに、日本各地に原発が立ち並ぶ現状に対し、「大量の電気を消費する大都市圏のために、地方は原発を押し付けられてきた。全国の原発現地は『原発マネーファシズム』によって物が言えなくされ、植民地にされてしまっている」と指摘。そうしたもとで、原発現地が原発経済に依存せずにやっていくための方策・ビジョンや、原発の電力に依存してきた大都市圏の人たちの無関心を問題提起しました。

中嶌哲延さん2

つづいて静岡県保険医協会の聞間元(ききまはじめ)理事長(ビキニ核被災検証会共同代表)が、住民の健康を守る医師の立場から発言しました。聞間さんは、日本はこれまで原発安全神話のもとで、原発事故から住民の健康を守るための体制・システムが作られてこなかった結果、福島原発事故では子どもたちが50ミリシーベルトを超える被ばくをしたと発言。また、「放射能は長い期間にわたって被ばく者を苦しめる。30~40年経たないと本当の被害はわからない」として、この問題をどうやって次世代の医者に受け継いでいくかがテーマだと話しました。

聞間先生

政党からは、立憲民主党の日吉雄太衆院議員と日本共産党の井上哲士参院議員が登壇。日吉議員は原発の問題点として、①他者の権利を侵害する、②建設から廃炉までのライフサイクルコストが高い、③テロリズムや外部からの攻撃に脆弱で甚大な被害を生むの3つをあげ、「この問題認識をもっと広げていこう。原発ゼロ・浜岡原発廃炉のために全力をつくそう」と呼びかけました。井上議員は原発再稼働・輸出をすすめるために福島原発事故を終わったことにしようとする政府や、原発事故被災者への賠償をも再稼働の口実にしようとする東京電力を強く批判。「国民は2年間原発ゼロを経験して、原発がなくてもこの国はやっていけることがわかった。市民と野党が力をあわせて、原発ゼロ・再生可能エネルギー転換を実現しよう」とあいさつしました。

日吉・井上

各地の運動を持ち寄り、再稼働阻止の決意かためる

つづいてさまざまな地域・団体からリレートークがおこなわれました。浜北、藤枝、三島の市民の会の代表からは、学習会や署名活動、市議会請願、デモ行進など、日ごろの取り組みが報告されました。裾野、浜松のママの会の代表は、もう原発はいらない、子どもたちに安全で安心な希望溢れる社会、原発のない未来を手渡したいとうったえました。
また、沖縄・辺野古で抗議船船長をしている相馬由里さんが登壇し、「命を脅かす原発も米軍基地もわたしたちの生活には必要ない。力をあわせていっしょに頑張ろう」とうったえました。

浜松ママの会
辺野古船長さん

アピールパレードで「再稼働反対」の声が街中に響きわたる

集会の最後に「今日の集会を力に、すべての地域から浜岡原発再稼働反対の声をあげ、よりいっそう運動を強めていこう」という集会アピール案が提案され、参加者の満場一致で採択。採択された集会アピールは後日川勝知事に提出すると報告されました。

パレード1

集会終了後、1500人の参加者はアピールパレードに出発。駿府城公園からJR静岡駅まで約1kmの道程を、「浜岡原発再稼働反対」をうったえながら元気に行進し、その声は街中に響きわたりました。道中では、沿道の市民がパレードの様子を写真に撮ったり、また、子どもたちが参加者といっしょにコールするなど、わたしたちの運動を市民におおいにアピールするものとなりました。

パレード2
パレード3

浜岡原発周辺の地質を学ぶ 2017/11/03

「東西から力がかかる褶曲構造では南北方向の断層が」

11月3日、原発なくす会静岡が参加する「浜岡原発の再稼働を許さない静岡県ネットワーク」の主催で、「浜岡原発周辺の地質を学ぶ」と題して地質調査が実施されました。これは浜岡原発の敷地内原子炉建屋直下に断層があるのではないかと指摘される中、浜岡原発周辺はいかに危ないか、自分の目で確かめるため50名以上の人が県下各地から参加しました。講師は地元の地質学者、塩坂先生にお願いしました。

IMG_3720.jpg
塩坂先生の説明に熱心に耳を傾ける参加者

◎南北の断層くっきりの御前崎海岸

県下各地から集合した参加者は御前崎海岸へ。大潮の御前崎海岸は、水が引いて海岸の断層がくっきり現れます。プレートによって圧力を受け、砂岩と泥岩の層の角度で波打った地層、褶曲構造が見て取れます。波打つ山の部分と谷の部分に断層ができやすいとされています。この海岸においては南北方向の断層が主流。この褶曲構造は、原発敷地内までも続き、この地域は南北方向の断層が多いことが実感できました。

IMG_3711.jpg
南北方向の断層が幾筋も通る御前崎海岸

褶曲構造
規制委員会に提出した褶曲軸についての中電資料

◎有名な活断層、白羽断層

続いて参加者は、御前崎中学の裏手に移動しました。ここは古くから活断層として名が通っている白羽断層です。この地は東海地震のたびに隆起を繰り返し、それは中学裏手の茶畑には海の砂利があることで確認できます。

IMG_3730.jpg
茶畑には海の石が

それと同時に茶畑と中学の間には6メートルの差があり、かつてこの地が断層運動によって食い違いが生じた断層面であることがよくわかる場所です。この断層は褶曲構造における地頭方背斜に並行して走っているものです。中電はリニアメントと表示して、活断層と資料には載せていません。

IMG_3735.jpg
側道と校庭の間は6メートルの差が

◎研修センターで講義

御前崎市研修センターで昼食の後、塩坂先生の講義と質疑、みんな熱心に耳を傾けていました。講演は、浜岡周辺の地質を解説し、これまで見てきた御前崎海岸や白羽断層を例に、浜岡周辺でも南北の断層があり得ることを解説しました。「これから見に行く原子炉建屋から北北西に600メートルの断層露頭(断層が直接地表に現れたているところ)は、褶曲構造によって生じたものが考えられ、それが南南東の建屋にまで続く可能性がある。しかし中電は規制委員会に提出した資料では、原子炉建屋に走る断層を審査に値しない『小断層』と記述している」と説明しました。またその断層について規制委員会に調査を申し入れた経過を話しました。

IMG_3738.jpg
パワーポイントで講演をする塩坂先生

小断層
中電資料では「小断層」という記述が

◎断層の露頭にびっくり

原発原子炉建屋から600メートルに逆断層の露頭、断層が地上に現れているところ。この主断層にはシュードタキライトがはっきり。これは断層が動いた摩擦で岩石が溶けた結晶が固まっています。またクロスラビナという海底に並行に堆積した層が主断層の動きに引っ張られて、跳ね上がっています。これらは断層が動いた動かぬ証拠(いつ動いたかはさらに調査が必要)。これが原子炉建屋まで続く可能性があり、みんなびっくり。

IMG_3746.jpg
断層露頭の説明をする塩坂先生

露頭
塩坂先生の説明図

◎A17の北端

次は、中電が審査の中で活断層と認めたA17の北端に。A17は当初14.1キロとされていました。この地点は、京丸砂層の砂の上に御嶽山の火山灰と考えられるものが積もっています。中電はここを規制委員会に見せて、これより以北では上層地層が確認できるとしてA17の長さを15.6キロとしました。しかし精査すればもっと伸びるのではないでしょうか。そうすれば基準地震動が違ってきます。

IMG_3754.jpg
京丸砂層の上に火山灰が

A17周辺図
A17グループ評価
当初規制委員会に提出され、「震源として考慮する活断層」とされたA17断層

50数名の方が目を輝かせて受講、規制委員会で審査をさせるために県下各地で南北方向の断層の存在を宣伝する必要があります。塩坂先生から「浜岡原発周辺地質構造検定検定認定証」をもらったので、これを話題にしていきましょう。規制委員会がこれを取り上げるかどうかは世論次第。中電の断層隠しにストップ。

IMG_3759.jpg
塩坂先生発行の「浜岡原発周辺地質構造検定認定証」

Appendix

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク2



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪れた人の数

お問合せフォーム

SNS